寿司の歴史

このページでは、寿司の歴史について調べたことを公開しま〜す♪

ちらし寿司
写真提供:フリー画像素材 EyesPic

坂本竜馬が大好きなさくらです。

寿司の歴史

お寿司の歴史を調べてみると、場所は東南アジア、時は紀元前までさかのぼります。

魚を保存するために、塩味をつけた魚を米の中に漬けて発酵させるという魚肉保存法が
ルーツだとされています。

米飯が自然発酵することによってその中に漬けた魚の保存性が高まる事を利用し、
魚だけを食べていたのです。

その後、中国大陸を通って、平安時代に日本へ伝わりました。

日本人は米が大好きなので、この頃のお寿司は、
魚は半生の状態で甘酢で、味をつけた米飯もまだ飯として食べられる内に
一緒に食べてしまうものに変化していきました。

近江地方につたわるフナ寿司など、当時に近い寿司が伝わっていますね。

この頃から米の発酵を待たず、保存食という意味合いが薄れていきました。

江戸時代になると、米そのものをおいしく食べるお寿司へとかわっていきます。

関西のサバの棒寿司のようなものから、箱寿司が生まれていったとされています。

江戸時代も末期になると、江戸中で屋台が大流行し、
東京湾(江戸前)でとれた魚介類、海苔を使った「江戸前寿司」の原型が生まれました。

それでも飯の大きさはとても大きく、テニスボールほどもあったらしいです。
さくらの好きな坂本竜馬も寿司を食べたのでしょうか。

そして戦後、江戸前寿司は全国に広がっていきました。

それからは、冷蔵、冷凍技術や、流通も整備され、
よりおいしく食べるために、
料理人がさまざまな工夫を凝らし、調理技術も発達して、現代にいたります。

また、世界的にも健康によいとされ、世界各国で食されています。

さくらが旅したアイルランドの首都ダブリンでも、寿司バーは人気でしたよ!

管理人:さくらへのメールはこちらです。↓
icoicoyuko■yahoo.co.jp の■を@に変更してください。(スパムメール対策のためです。)

ちらし寿司の豆知識
お寿司の歴史
ちらし寿司レシピ大集合♪
さくらのちらし寿司レシピ
職人技!デコレーション寿司
イナリ寿司はいかが?
手まり寿司の方が簡単?
巻き寿司に挑戦!
寿司の栄養価
和食のおいしいコツ
富士の銘水 京の湧水
オススメの鰹だしのとり方♪
超便利!八方だしについて
煮魚のコツ
酒は飲む?料理に使う?
焼酎はお好き?
キッチンをピカピカにする!超簡単な方法
おすすめリンク集
ちらし寿司レシピ大集合♪
おすすめ食材の通信販売
食と健康の役立ち情報
健康とダイエット
出産・育児
生活のお役立ち情報
生活のお役立ち情報1
飲食店リンク集
日本酒、焼酎の通信販売
このサイトについて
さくらの自己紹介
リンクについて